映像作品

ドキュメンタルシーズン4をレビュー

更新日:

松本人志プレゼンツの密室笑わせ合いサバイバルの第4弾。

最後まで笑わなかった芸人が優勝し、優勝賞金1,000万円を手にします。

シーズン3に引き続いて、脱落者がゾンビとなり生存者に襲い掛かるゾンビルールがあります。

今回は判定厳しめです。シリーズで一番厳しいかも。

 

シーズン4の参加者

今回の参加者は以下の10人です!

雨上がり決死隊宮迫

FUJIWARA藤本(3回目)

ずん飯尾

野生爆弾くっきー(3回目)

スピードワゴン井戸田

千鳥大悟

千鳥ノブ

森三中黒沢

ダイアン西澤

安田大サーカスクロちゃん

 

 

エピソード構成

5エピソード構成で計4時間弱。すごいボリュームです。

1.想定外の挑戦者(49分)

2.ペナルティカード続出(51分)

3.過酷な時間(51分)

4.全てをさらけ出す闘い(54分)

5.最後の攻防(32分)

 

感想

特に面白かった人を以下にピックアップしてみました。

ネタバレありなので、ご注意ください。

 

ガンガン攻める黒沢さん

最初から攻めの姿勢でよかったです。場を回してました。最序盤に情緒不安定(?)で唐突に泣いちゃいましたが。

自分が攻めてる中で自分が笑ってしまうパターンが多かったです。攻める側のジレンマですね。

大地真央のモノマネは狂気を感じました。熱量と圧力がすごい。ショー観てるみたいでした。

中盤は比較的おとなしかったですが、とにかく攻めの姿勢で好感が持てました。

終盤はプレッシャーからか完全に情緒不安定になってました。

 

黒沢さんのスペック

攻撃力 

防御力 

フットワーク 

私的名言:「…やった」「…1998年」「…溜池山王。地下」「あ、すごい出てきた」

 

全体的に高レベル。主に顔芸くっきー

シーズン3に続き心霊写真ネタ。新しい縦バージョンと標語付きバージョンもよかったです。あれ絶対怒られるでしょう師匠に。特に標語は。

白塗りモノマネは圧が強い。完全に顔芸ですけど、シンプルで面白い。初回の白塗りのくだりはみんな笑いをなんとか堪えている感じで、けっこうな時間、張り詰めた空気が続きました。緊張感やばかったです。

シーズン3に引き続きテディと小っちゃいセーターが登場しました。

井戸田の処理してあげて優しい。人間できてますね。

 

くっきーのスペック

攻撃力 

防御力 

フットワーク 

私的名言:「ヤマモトシンヤだよ(高音)」

 

いじられクロちゃん

笑わせるんじゃなくて、ナチュラルにしてて笑わせちゃう感じ。

みんなにイジられるので、自分でアプローチしなくても視線を集める機会が多い。

牛乳飲んでもなぜかヒゲにつかない、からのヒゲびちゃびちゃが流れとしてよかったです。

防御が相当強い。しかもフリに対してのカウンターも強い。

ただ、終盤はフリが減るのに比例して活躍も減るという、さもありなんな展開でした。

 

クロちゃんのスペック

攻撃力 

防御力 

フットワーク 

私的名言:「お金は親が用意します」「見てた?」

 

フリもボケもツッコミも万能ふじもん

良くも悪くも掘り下げてくれます。ふじもんがいると場の一体感が出ていいですね。みんなの視線をどこかに集めてくれる。

ドライアイスを口に入れるネタは単純にすごいと思いました。あれって低温火傷しないのかな。意外とやったことある人が多いみたいでした。水と一緒にいれて常に転がしてないとダメらしいです。

宮迫をイジれるポジションというかキャラなのがバランサーとして機能してました。てか二人の共通のノリ的なネタがあって微笑ましかったです。仲いいんですね。

黒沢さんとコラボした時の表情は言葉では言い表せないものでしたが、秀逸でした。

おへその形は最後まで謎のままでした。どうなってるんだろう。

 

ふじもんのスペック

攻撃力 

防御力 

フットワーク 

私的名言:「助けてくださぁい」

 

まさかの体当たり芸が出た宮迫

ベテランなのに、まさかの体張った芸が飛び出して驚きました。あれは宮迫にしかできないんじゃないでしょうか。あの緊張感とあの空気で。普通に尊敬しちゃいました。これが許されるっていうのは、ドキュメンタルならではでしょう。

私的名言:「たってまうやろ」

 

まさかまさかの宮迫越えの体当たり芸が出た井戸田

宮迫以上に体張った芸が飛び出しました!衝撃!!宮迫のも相当やばいネタでしたが、それを遥かに凌駕するやばさ。何でもアリの番組とはわかってましたが、コレやっちゃまずいでしょうっていう。シリーズ一番の衝撃シーンではないでしょうか。下系のネタがNGの方は心臓に悪いかもしれません。

 

ゾンビになってからが冴えていたメンバー

千鳥

まさかの全裸漫才。まさかのノブの井戸田かぶせ。タイミングが神懸ってました。プロだなぁノブ。そしてノブの決死のネタで宮迫と井戸田が脱落するというドラマティックな展開。

私的名言:「あれ?出ちゃった」

 

飯尾

お尻に空気入れます。

私的名言:「ぶ、ぶすー(擬音)」

 

視聴を終えて

笑いももちろんですが、ドキュメンタル番組のような張り詰めた緊張感のある場面が多かったのが印象的でした。

脱落者がなかなか出ない。攻めている人が多いながらもタイムアップまで残っている人数が多く、まさに大混戦でした。もうタイムアップ?!という感じで、決着までの時間が短く感じたのはシリーズ随一でした。

下馬評では有力視されていた千鳥がまさかのコンビで脱落2トップに。

宮迫と井戸田とノブの衝撃下ネタはシリーズ随一のインパクトがありました。芸人さんてすごいなあと、ただただ思いました。追いつめられるとあそこまでできちゃうもんなんですね。プロです。

かなりぶっ飛んだ下ネタが多い回でもありますので、その点はご承知置きを。

 

amazonプライムの無料体験で視聴できますので、気になった方は是非ご覧ください。

無料体験はこちらからどうぞ!

 

シリーズ他作品のレビューはこちらから

ドキュメンタルシーズン3をレビュー

松本人志プレゼンツの密室笑わせ合いサバイバルの第3弾。 最後まで笑わなかった芸人が優勝し、優勝賞金1,000万円を手にし ...

続きを見る

ドキュメンタル シーズン5をレビュー

松本人志プレゼンツの密室笑わせ合いサバイバルの第5弾。 最後まで笑わなかった芸人が優勝し、優勝賞金1,000万円を手にし ...

続きを見る

-映像作品

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.