デジタル知識

【入門】IPとIPアドレス

更新日:

パソコンやスマートフォンを使っていると耳にするIPとIPアドレスですが、実際のところ何を表すものなのでしょうか?

アドレスっていうくらいだから機器固有の番号みたいなものかな? というようなイメージがあります。

今回はIPとIPアドレスについて、ざっくりとまとめてみます。

IPってなに?

インターネット上では、データはパケットと呼ばれる単位でやり取りされます。その方法を規定する通信プロトコルがIPです。

IPアドレスってなに?

IPでは、インターネットに接続している各機器にIPアドレスという固有の番号を割り振っています。つまり住所のようなものです。パケットには送信元と送信先のIPアドレスなどのデータが付与されます。このパケットはインターネットに接続されたルーターにより運ばれます。

IPアドレスの表され方

IPアドレスは32桁の2進数(32ビット)で表されます。これはあまりにも桁が多く長いので、8桁×4ブロックに分けて各ブロックを10進数にして表記されることが一般的です。

IPアドレスにはIPv4とIPv6がある?

IPアドレスの数が足りなくなって登場したのが、128ビットのIPv6です。IPv6は128桁と桁がさらに多くなったため、一般的には8ブロックの16進数で表されます。IPv6の登場に伴い、従来のIPアドレスはIPv4と呼ばれるようになりました。IPv6の総数は2の128乗個と、足りなくなることはなさそうです。

-デジタル知識

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.