PC

【内蔵USBハブ】NZXT『Internal USB HUB』の取り付け【自作1号機】

更新日:

初自作PCに、こちらの記事で紹介したNZXT『Internal USB HUB』を取り付けます。

【内蔵USBハブ】NZXT『Internal USB HUB』をレビュー

NZXTのアクセサリ『Internal USB HUB』をレビューします。 『Internal USB HUB』は、PC ...

『Internal USB HUB』は、PCケース内に設置可能なUSBハブです。マザーボード上のUSB2.0ピンヘッダに接続することで、USB2.0ピンヘッダを3つ、USB2.0 typeAポートを2つ増設することができます。

言うまでもないことですが、作業にあたってはPCの電源をオフにします。

USBハブ本体と電源ユニットの接続

USBハブ本体’(右)と付属のMolex電源ケーブル(左)です。

Molex電源ケーブルを繋げます。

Molex電源に、電源ユニットの5V電源4ピンを接続します。

 

USBハブ本体とマザーボードの接続

付属のベルクロ付きUSBコネクタケーブルを、白いUSB2.0ピンヘッダに繋げます。

普通に繋げただけだと、このように浮いた状態になりがちです。この状態だと正しく認識されません。

力を込めて最後まで押し込みます。

ベルクロ付きUSBコネクタケーブルをマザーボード上のUSB2.0ピンヘッダに接続します。

これでベースとなる接続は完了です。

あとは必要なデバイスをUSB2.0ピンヘッダあるいはUSB2.0 typeAポートに接続するだけです。

正常に給電されていればライトが点灯します。

 

今回はNZXTの簡易水冷クーラー『KRAKEN X62』を設置するために本製品を使用しました。

『KRAKEN X62』はマザーボードのUSB2.0ピンヘッダと接続する必要がありますが、自作1号機マザーボードのUSB2.0ピンヘッダが一つしかなく、PCケースからのピンを接続していて埋まってしまっていました。そこで、本製品でUSB2.0ピンヘッダを増設して両者を接続できるようにしました。

 

 

 

 

 

 

-PC
-, , ,

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.