PC

【内蔵USBハブ】NZXT『Internal USB HUB』をレビュー

更新日:

NZXTのアクセサリ『Internal USB HUB』をレビューします。

『Internal USB HUB』は、PCケース内に設置可能なUSBハブです。マザーボード上のUSB2.0ピンヘッダに接続することで、USB2.0ピンヘッダを3つ、USB2.0 typeAポートを2つ増設することができます。

水冷ユニットやLED、ファンなどUSB2.0ピンヘッダを使用するアクセサリが多くある一方で、マザーボード上のUSB2.0ピンヘッダ数には限りがあります。ピンヘッダが1つしか搭載されていないモデルも多くあり、『Internal USB HUB』のようなアクセサリが必要となることは少なくありません。

独創的なコンセプトのアクセサリで、本体背面にマグネットが配することでPCケースの金属部分であればどこにでも設置可能とした、痒いところに手が届くアイディアに溢れています。

 

 

主な仕様

マザーボードのUSB2.0ピンヘッダに接続することで、接続端子を増設することができます。

マグネット付きで、垂直面にも設置可能となっています。

ドライバーなどのインストールは不要で、接続して即使用可能です。

USB2.0ピンヘッダを介してマザーボードから電源供給を受けることができますが、供給量は限られます。『Internal USB HUB』は、PCケース内の電源ユニットから5V電源4ピンをひくことで、安定した電源供給を実現しています。

サイズ 105×36×24.5mm
重量 87.4g
接続端子 USB2.0ピンヘッダ×3、USB2.0 typeAポート×2

 

パッケージ

NZXT製品共通のホワイト&パープルのパッケージです。シンプルでかっこいいです。

外箱から取り出した状態です。マニュアルと内箱があります。

 

同梱物

内箱の中には、(左から順に)USBハブ本体、Molex電源ケーブル、ベルクロストラップ、ベルクロ付きUSBコネクタケーブルが梱包されています。

 

外観

外装はプラスチック製です。NZXTのロゴが刻印されています。ロゴの右には給電確認用のライトが搭載されています。

上4つがUSB2.0ピンヘッダです。最上段の白い端子に付属のベルクロ付きUSBコネクタケーブルを繋げて、マザーボード上のUSB2.0ピンヘッダと接続します。

下2つがUSB2.0 typeAポートです。対応デバイスを取り付け可能です。

本体上側面には電源コネクタがあります。付属のMolex電源ケーブルを繋げて電源ユニットの5V電源4ピンと接続します。

本体背面は磁石となっています。磁力はそこまで強くなさそうです。

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • USB2.0ピンヘッダが足りない
  • ついでにType Aポートもあるといい

 

以上、NZXT『Internal USB HUB』のレビューでした。少しでも参考になれば幸いです。『Internal USB HUB』が気になった方は是非お店のウェブサイトでチェックしてみてください。

 

-PC

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.