家電

【携帯電話】Future Model『NichePhone-S』をレビュー

更新日:

 

 

Amazonでみる

 

主な仕様

対応バンドはNTTドコモまたはソフトバンクの3G 2.1GHz/WCDMA/バンド1です。

Wi-Fiテザリングに対応しています。SMSもキャリアとの契約があれば利用できます。

サイズ 90×50×6.5mm
重量 約38g
SIMカードスロット nano SIM
電池容量 550mAh
連続通話時間 約3時間
待機時間 約72時間

 

カラーバリエーションとしてブラックがあります。

 

後継モデルとして『Niche Phne-S 4G』があります。

厚みと重量は微増していますが、Wi-Fiテザリングが4G対応となり、日本語入力が強化されるなどアップデートが図られています。

サイズ 90×50×9.5mm
重量 約52g
SIMカードスロット nano SIM
電池容量 1,000mAh
連続通話時間 約3時間
待機時間 約110時間

 


薄さ6.5mmと非常にスリムな筐体です。重量も38gと軽量ですので、まさに「カードサイズ」と言って遜色ないモデルとなっています。

入力がアナログボタンなのでフリック入力に慣れていると入力速度は遅く感じると思います。

 

充電端子と付属ケーブルの着脱はマグネット式となっています。これが手軽で意外と便利です。

充電用のMicro USBケーブルは付属していますが、ACアダプタは別売りとなっていますので注意が必要です。ACアダプタは1A以上の出力の製品が推奨されています。

Wi-Fiテザリング機能を持ち、スマートフォンやPCを接続可能です。ただ、3Gなのであくまでオプション的な機能と考えていた方がよさそうです。

見た目からは想像できませんが、音楽プレーヤー機能(MP3、Windowsのみ対応)を有しています。Blurtoothを搭載しているので、対応イヤホンなどが利用できます。

他にもアラーム機能、ボースレコーダー機能(録音可能時間は約15分)を備えています。

-家電

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.