家電

【モバイルバッテリー】Anker製品を徹底比較!!【超大容量モデル】

更新日:

高い人気を誇るAnkerのモバイルバッテリーについて比較していきます。

今回は容量を追求した超大容量モデルを扱います。超大容量モデルには20,000~26,800mAhの容量を持つ製品がラインナップされています。

バッテリー容量の例として、iPhone 8は約1,800mAh、iPhone XS Maxは約3,200mAhとなりますので、単純計算でスマホであれば6~14回充電できる性能を持っていることになります。

 

なお、コンパクトモデル(3,350~6,700mAh)、大容量モデルについては以下の記事で紹介しています。

 

比較表

主な仕様を表にまとめて比較してみます。

容量(mAh) スマホ充電回数の目安 充電規格 出力ポート数 低電力モード 充電器 サイズ(mm) 重量(g) 残量表示 価格(円)※
PowerCore Lite 20000 20,000 6~11回 PowerIQ 2 × 155×71×25 387 4段階 4,999
PowerCore  20100 Nintendo Switch Edition 20,100 6~11回 Power Delivery、PowerIQ 2 × × 168×62×22 360 4段階 6,980
PowerCore  Speed 20000  PD 20,100 6~11回 Power Delivery、PowerIQ 2 × 168×62×22 360 4段階 7,999
PowerCore II 20000 20,100 6~11回 PowerIQ、PowerIQ 2.0 2 × × 170×62×22 369 8段階 5,499
PowerCore 26800 26,800 8~14回 PowerIQ 3 × × 180×81.5×22 495 4段階 5,999
PowerCore  Speed 20000 20,100 6~11回 Quick Charge 3.0、PowerIQ 2 × × 166×62×22 369 4段階 4,799
PowerCore+ 26800 PD 26,800 8~14回 Power Delivery、PowerIQ 3 × 180×80×24 580 8段階 9.999
PowerCore 20100 20,100 6~11回 PowerIQ 2 × × 166×58×22 356 4段階 4,999

※2019年2月末時点のamazon.co.jpの価格。カラーバリエーションのうち最安値のもの。

 

比較のポイント

充電器付きか否か

モバイルバッテリー本体を充電するためには、別途充電器を用意する必要があります。この充電器がモバイルバッテリーの規格にあったものでないと、充電時間などで本来の性能を発揮することができません。適合の確認が面倒な場合に手っ取り早いのが、充電器付きのモデルを選ぶことです。

『PowerCore  Speed 20000  PD』『PowerCore+ 26800 PD』はいずれもPower Delivery対応の充電器が付属しています。後者の方が高入出力・大容量でポート数もUSB Type-Aを1口多く備えていますが、サイ・重量が大きくなっています。

低電力モードを備えているか否か

『PowerCore Lite 20000』は低電力モードを備えているので、ワイヤレスイヤホンなどの小型機器に使用することができます。

Nintendo Switchを充電するか否か

『PowerCore  20100 Nintendo Switch Edition』は任天堂公式ライセンスモデルですので、Switchを充電する場合には適しています。

出力ポートの規格

全モデル、ベースとなるPowerIQポートを1~3口備えています。

それに加えて、特定のモデルでは急速充電規格であるPower DeliveryあるいはQuick Charge 3.0ポートを備えており、規格に対応しているケーブルや接続機器であれば、従来製品を遥かに上回る急速充電が可能となります。規格としてはPower Deliveryの方がメジャーとなりそうです。

PowerIQポートに加え、PowerIQの発展型であるPowerIQ 2.0に対応したポートを1つ備えたモデルもあります。PowerIQが最大出力12Wであるのに対し、PowerIQ 2.0では18Wで高速充電が可能です。

Power Delivery対応機器を持っている場合

『PowerCore  20100 Nintendo Switch Edition』『PowerCore  Speed 2000  PD』『PowerCore+ 26800 PD』が適当と思われます。前述の通り、充電器付きか否か、Nintendo Switchを充電するか否かで、どのモデルが良いか判断できるでしょう。

Quick Charge 3.0対応機器を持っている場合

『PowerCore  Speed 20000』が適当と思われます。

Power Delivery・Quick Charge対応機器は使わない

『PowerCore Lite 20000』『PowerCore II 20000』『PowerCore 26800』『PowerCore 20100』が選択肢になります。

『PowerCore II 20000』はPowerIQ 2.0ポートを1口備えているので、他モデルと比べて入出力が高速です。

『PowerCore Lite 20000』は前述の通り低電力モードを備えています。

『PowerCore 26800』『PowerCore 20100』は、前者の方が高入出力・大容量でポート数も1口多いですが、サイズ・重量が大きくなっています。

 

併せて購入が必要なもの

いずれのモデルにもMicro USBケーブル(あるいはUSB-C to Cケーブル)とトラベルポーチが付属されますので、接続機器用のケーブルと、コンセントからの充電器があればすぐに使用できます(『PowerCore  Speed 2000  PD』『PowerCore+ 26800 PD』充電器付きです)。

なお、一般的な充電器の出力は1Aとなっていますので、正常・安全使用のためには各モデルの入力値(●V/◆A)以上出力できる充電器を用意すると良いでしょう。

 

製品一覧

Anker『PowerCore Lite 20000』

スマホを6~11回充電可能な性能を持っています。

2ポート設計で、2つの機器に同時給電可能です。

独自の急速充電規格PowerIQを採用しており、接続機器に対して最大3Aのスピード充電が可能となっています。

入力ポートとして、Micro-USBポートとUSB Type-Cポートの2口を備えており、いずれかのケーブルを選択可能です(同時使用はできません)。

低電力モードを搭載しているので、ワイヤレスイヤホンなどの小型機器への充電にも使用できます。

主な同梱物

Micro USBケーブル、トラベルポーチ

主な仕様

サイズ 155×71×25mm
重量 387g
バッテリー容量 20,000mAh/74Wh
出力(×2) USB Type-A×2
・PowerIQ(5V/4.8A:各ポート最大3A)
入力(×2) Micro-USB×1、USB Type-C×1(5V/2A)
残量表示 4段階(目安:25/50/75/100%)
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションはブラックのみです。

ブラック

 

【任天堂公式ライセンス】Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition

Nintendo Switchに最適化された任天堂公式ライセンスモデルです。

スマホを6~11回、Nintendo Switchを2~3回充電可能な性能を持っています。

独自の急速充電規格PowerIQを採用しており、1口あるUSB Type-Aポートを利用すると接続機器に対して最大2Aのスピード充電が可能となっています。

出力/入力を兼ねたUSB Type-Cポート(1口)はPower Deliveryに対応しており、対応機器であれば最大24W出力が可能で、約3時間でバッテリー本体を充電できます。

主な同梱物

USB-C to Cケーブル、トラベルポーチ

主な仕様

サイズ 168×62×22mm
重量 360g
バッテリー容量 20,100mAh
出力(×2) USB Type-A×1
・PowerIQ(5V/2A)
USB Type-C×1
・Power Delivery(5V/3A、9V/2.6A、15V/1.6A)
入力(×1:入出力併用) USB Type-C
・Power Delivery(5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A)
残量表示 4段階(目安:25/50/75/100%)
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションはブラックのみです。

ブラック

 

Anker PowerCore Speed 20000 PD(USB-C急速充電器付属モデル)

スマホを6~11回充電可能な性能を持っています。

独自の急速充電規格PowerIQを採用しており、1口あるUSB Type-Aポートを利用すると接続機器に対して最大2Aのスピード充電が可能となっています。

出力/入力を兼ねたUSB Type-Cポート(1口)はPower Deliveryに対応しており、対応機器であれば最大24W出力が可能で、30W入力・約4時間でバッテリー本体を充電できます。付属の急速充電器はPower Delivery対応モデルです。

主な同梱物

30W USB-C急速充電器(見た目的には『PowerPort Speed 1 PD 30』かと思われます)、Micro USBケーブル、USB-C to Cケーブル、トラベルポーチ

『PowerPort Speed 1 PD 30』についてはこちらの記事の中で紹介しています。

no image
【急速充電器】Anker製品を徹底比較!!【壁挿しタイプ】

高い人気を誇るAnkerの急速充電器(壁挿しタイプ)について比較していきます。 壁挿しタイプは持ち運びも視野に入れての選 ...

主な仕様

サイズ 168×62×22mm
重量 360g
バッテリー容量 20,100mAh/72.36Wh
出力(×2) USB Type-A×1
・PowerIQ(5V/2A)
USB Type-C×1
・Power Delivery(5V/3A、9V/2.6A、15V/1.6A、20V/1.1A)
入力(×1:入出力併用) USB Type-C
・Power Delivery(5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A)
残量表示 4段階(目安:25/50/75/100%)
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションはブラックのみです。

ブラック

Anker『PowerCore II 20000』

スマホを6~11回充電可能な性能を持っています。

2ポート設計で、2つの機器に同時給電可能です。

急速充電規格PowerIQを発展させたPowerIQ 2.0を採用しており、接続機器に対して最大18Wまでの入出力に対応したスピード充電が可能となっています。これによりPowerIQモデルと比較して最大1.8倍の入出力が可能となりました。Quick Charge対応充電器を使用すれば本体への充電が高速化でき、5時間程度でフル充電可能です。

バッテリー残量はホイール型の形状になっており、デザイン性も工夫されています。

主な同梱物

Micro USBケーブル、トラベルポーチ

主な仕様

サイズ 170×62×22mm
重量 369g
バッテリー容量 20,100mAh/72.36Wh
出力(×2) USB Type-A×2
・PowerIQ×1(12W:5V/2.4A)
・PowerIQ 2.0×1(18W:5V/2.4A, 9V/2A, 12V/1.5A,、)
入力(×1) Micro-USB
・PowerIQ 2.0(18W:5V/2A, 9V/2A)
残量表示 8段階(目安:12.5/25/27.5/50/62.5/75/87.5/100%)
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションが2タイプあります。

ブラック

ホワイト

 

Anker『PowerCore 26800』

スマホを8~14回充電可能な性能を持っています。

3ポート設計で、3つの機器に同時給電可能です。

独自の急速充電規格PowerIQを採用しており、接続機器に対して最大3A(3口合計6Aまで)のスピード充電が可能となっています。

入力ポートを2口備えており、本体を倍速で充電可能です(計4A入力時・約6.5時間)。

主な同梱物

Micro USBケーブル×2、トラベルポーチ

主な仕様

サイズ 180×81.5×22mm
重量 495g
バッテリー容量 26,800mAh/96.48Wh
出力(×3) USB Type-A×3
・PowerIQ(5V/6A:各ポート最大3A)
入力(×2) Micro-USB×2(5V/4A:各ポート最大2A)
残量表示 4段階(目安:25/50/75/100%)
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションが2タイプあります。

ブラック

ホワイト

 

【第2世代】 Anker『PowerCore Speed 20000』

スマホを6~11回充電可能な性能を持っています。

2ポート設計で、2つの機器に同時給電可能です。

独自の急速充電規格PowerIQを採用しており、接続機器に対して最大2Aのスピード充電が可能となっています。

出力2口のうち1口は急速充電規格Quick Charge 3.0に対応しており、対応機器では最大24Wのフルスピード充電が可能です。

入力もQuick Charge 3.0に対応しているため、対応機器をそろえれば本体の充電も高速になります。

主な同梱物

Micro USBケーブル、トラベルポーチ

主な仕様

サイズ 166×62×22mm
重量 369g
バッテリー容量 20,100mAh/72.36Wh
出力(×2) USB Type-A×2
・PowerIQ×1(5V/2A)
・Quick Charge 3.0×1(5-8V/3A、8-10V/2.4A、10-12V/2A)
入力(×1) Micro-USB
・Quick Charge 3.0(5-7V/2A、7-9V/2A、9-12V/1.5A)
残量表示 4段階(目安:25/50/75/100%)
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションはブラックのみです。

ブラック

 

Anker『PowerCore+ 26800 PD(USB-C急速充電器付属モデル)』

スマホを8~14回充電可能な性能を持っています。

2口あるUSB Type-Aポートは独自の急速充電規格PowerIQを採用しており、接続機器に対して最大3A(2口合計3Aまで)のスピード充電が可能となっています。

出力/入力を兼ねたUSB Type-Cポート(1口)はPower Deliveryに対応しており、対応機器であれば最大30W出力が可能で、27W入力・約4~5時間でバッテリー本体を充電できます。付属の急速充電器はPower Delivery対応モデルです。

バッテリー残量はホイール型の形状になっており、デザイン性も工夫されています。

主な同梱物

『PowerPort Speed 1 PD 30』、Micro USBケーブル、USB-C to Cケーブル、トラベルポーチ

付属の急速充電器『PowerPort Speed 1 PD 30』についてはこちらの記事の中で紹介しています。単体で購入すると2,299円となっています。

no image
【急速充電器】Anker製品を徹底比較!!【壁挿しタイプ】

高い人気を誇るAnkerの急速充電器(壁挿しタイプ)について比較していきます。 壁挿しタイプは持ち運びも視野に入れての選 ...

主な仕様

サイズ 180×80×24mm
重量 580g
バッテリー容量 26,800mAh/96.48Wh
出力(×3) USB Type-A×2
・PowerIQ(5V/3A:各ポート最大3A)
USB Type-C×1
・Power Delivery(30W:5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.25A)
入力(×1:入出力併用) USB Type-C×1
・Power Delivery(5V/3A、9V/3A)
残量表示 8段階(目安:12.5/25/27.5/50/62.5/75/87.5/100%)
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションが3タイプあります。

ブラック

 

Anker『PowerCore 20100』

スマホを6~11回充電可能な性能を持っています。

2ポート設計で、2つの機器に同時給電可能です。

独自の急速充電規格PowerIQを採用しており、接続機器に対して最大2.4Aのスピード充電が可能となっています。

主な同梱物

Micro USBケーブル、トラベルポーチ

主な仕様

サイズ 166×58×22mm
重量 356g
バッテリー容量 20,100mAh/72.36Wh
出力(×2) USB Type-A×2
・PowerIQ(5V/4.8A:各ポート最大2.4A)
入力(×1) Micro-USB(5V/2A)
残量表示 4段階(目安:25/50/75/100%)
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションが3タイプあります。

ブラック

 

ホワイト
ブルー

 

 

Anker PowerCore 20100用ハードケース

『PowerCore 20100』シリーズに対応した持ち運び用のケースです。衝撃や傷、水に強い素材を使用しています。内部にはケーブルなどを収納するポーチと、バッテリー固定用のストラップが備えられています。

サイズは135×84×43mm(内部は約185×61mm)です。

対応機種は、PowerCore 15600、PowerCore 20100、PowerCore II 20000、PowerCore Speed 20000 PD、PowerCore Speed 20000となっています。

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • できるだけ容量の大きなモバイルバッテリーがほしい
  • 充電器付きのモデルが欲しければ『PowerCore  Speed 20000  PD』『PowerCore+ 26800 PD』
  • 低電力モードを使用したいなら『PowerCore Lite 20000』
  • Nintendo Switchでも使用するなら『PowerCore  20100 Nintendo Switch Edition』
  • Power Delivery対応機器の充電には『PowerCore  20100 Nintendo Switch Edition』『PowerCore  Speed 2000  PD』『PowerCore+ 26800 PD』
  • Quick Charge 3.0対応機器の充電には『PowerCore  Speed 20000』
  • Power Delivery・Quick Charge 3.0対応機器に充電しないなら『PowerCore 26800』『PowerCore 20100』
以上、Ankerのモバイルバッテリー(超大容量モデル)のまとめでした。少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

-家電

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.