インテリア

【マグカップ】一風変わった九谷焼をレビュー【覗き込むすまし顔】

更新日:

九谷焼のマグカップをレビューします。

伝統工芸の九谷焼と、いかにも万人受けしなさそうな攻めたデザインの、一見相反する要素を一つにまとめたバランスに惹かれました。

 

正面から。

せり出す顔面に目が奪われますが、マグカップ自体の形状・ラインが美しいです。

ほどよく艶のある質感です。

 

裏面から。

正面とはずいぶん印象が変わる大胆さに驚きますが、全体としてのまとまりが絶妙なラインで保たれています。

こちら側のデザインのみのマグカップとしても、十分かわいらしくて成立すると思います。むしろワンポイントのマグカップとしては、その方が万人受けするのでは?と思わせてくれる点に好感が持てます。

 

 

憎たらしいような、それでいてどこかかわいらしい表情をしています。

髪、指、鼻、目、口、頬などそれぞれのパーツは本体とは独立して作り込まれており、立体感があります。手の込んだ作りからこだわりが感じられます。

 

眺める角度によってほんのり印象が変わります。

 

この角度から見ると、いかにも「ぬっ」と飛び出してきているようです。ちょっと不気味さも感じますね。

ジョジョでこういうスタンド出てきそうです。

 

顔の反対側には丸いアイコンが。

こちらもマグカップ本体とは段差がつけられており、立体感があります。

 

持ち手部分です。

きれいなラインです。

アップにすると顔が持ち手を凝視しているようにも見えます。

 

上から。

内面もきれいです。

写真はチキンレースみたいですね。

 

船木大輔さんという作家さんの作品のようです。

 

-インテリア

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.