PC

ヒートシンクカバーを外した『N7 Z390』がクール過ぎる

更新日:

NZXTのマザーボード『N7 Z370』『N7 Z390』は、デザイン上、そのヒートシンクカバーが特徴となっています。

シンプルで硬派なデザインが非常にかっこいいモデルで、いずれも日本では未販売ですが、私が欲しいマザーボードの一つです。自作1号機に搭載したEVGA『Z370 FTW』も硬派めのデザインで、こちらも日本未販売のため個人輸入しましたが、選択肢となった『N7 Z370』とどちらにするか非常に迷いました。デザイン的には、いかにも基板という感じの『Z370 FTW』に若干惹かれましたが、ほとんど差はありませんでした。結果、予算の都合で『Z370 FTW』を選んだわけです。

そんな背景がありつつ、未練がましくNZXTの公式Twitterを流し見していたところ、『N7 Z390』のヒートシンクカバーを取り外した状態の写真があり驚嘆しました。かっこいい。

もちろんカバーをした状態も良デザインなのですが、カバーを外すと程よい絶妙なラインの機械らしさが感じられます。綺麗にコーティングされていて基板感は薄いのですが、黒基調でとにかく渋くてかっこいいです。思わず二度見してしまいました。スターウォーズっぽいというか、レトロ感があるというか。

ちゃんと調べていなかったのですが、『N7 Z370』もヒートシンクカバーを外すと、若干異なるものの『N7 Z390』と似たような外観になっているようです。

2台目を作れたなら是非NZXTのマザーボードを使用してみたいです。日本で発売されたら何よりですね。

 

ほれぼれします。かっこいいです。

 

ヒートシンクはこんな感じで取り外しできるようです。

 

N7 Z370

(画像クリックでAmazon.comへ)

-PC

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.