映像作品

松本人志×Amazon『FREEZE』をレビュー

更新日:

松本人志プロデュースの『FREEZE』をレビューします。

コンセプト

「動いたら、負け」

『FREEZE』は「動かない」「笑わない」をテーマとした革命的バラエティです。

さまざまな「悪だくみ」に耐え抜き、動ずることなく耐え抜いた者が勝者となります。

出演者

岩尾望(フットボールアワー)

ダイヤモンド・ユカイ

クロちゃん(安田大サーカス)

藤本敏史(FUJIWARA)

しずちゃん(南海キャンディーズ)

ボビー・オロゴン

鈴木奈々

諸星和己

ルール

「FREEZE」の合図が出たら一切動いてはいけない。腕を組む体勢をとる。喋ってもいけないし、表情を変えてもいけない。

「RELEASE」の合図で解除されるまで動けない。

勝者には賞金100万円が与えられる。

ステージ制で各ステージ

心拍数が計測される

 

※以下、ネタバレあり

 

所感

最初のうちは方向性がわかりませんでした。はじめの20分は緊張感がある、見ててドキドキする感じです。

しかし、ステージ1で竹刀回転マシーンが出てきた時に笑いの要素が見えてきます。

「あ、こういうことか」と。

合間合間に出演者が各シーンをハイライトするインタビューシーンが出てくるのですが、そこは笑いという観点では必要性が薄いかなと思いました。

現在、第1ステージのみ配信されています。

第1ステージ

第1ステージでは2名が脱落します。

円状に並べられた椅子に座った出演者たちが、中心に登場してくる摩訶不思議なマシーンの繰り出す攻撃(アプローチ)に耐えるというものでした。

マシーンは基本的には一人ひとり個別に攻撃してくるので、攻撃されている人は攻撃そのものに耐えなければなりません。

ここでポイントとなるのが、攻撃に必死に耐えている人の姿が笑えるということ。

それによって、攻撃に耐える人を見ている周りの人が、笑いをこらえなければいけないという状況が作られます。

淡々と攻撃に耐えるダイヤモンド・ユカイが面白かった。

ただ、脱落の基準は非常に曖昧な印象を受けました。クロちゃんが脱落するとは思わなかった。

まだまだ序盤なので、今後の展開に期待したいです。

 

amazon公式サイト

 

-映像作品

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.