PC

【SSD】Micron『Crucial MX500』をレビュー

更新日:

MicronのSSD『Crucial MX500』をレビューします。

『Crucial MX500』は、品質と価格が非常に高いバランスでまとまった3D TLC NAND搭載の2.5インチSSDです。

今回は500GBのモデル『CT500MX500SSD1』を購入しました。

 

バリエーション

容量により500GBの他に、250GB・1TB・2TBの4モデルがあります。

CT250MX500SSD1

250GBのモデルです。

 

CT1000MX500SSD1

1TBのモデルです。

 

CT2000MX500SSD1

2TBのモデルです。

 

『CT500MX500SSD1』の主な仕様

2.5インチSSDの500GBモデルです。

ハードウェア暗号化機能、データ保護機能、統合型電源損失耐性を備えています。

保証期間は5年(MTTF 180万時間)となっています。

NAND 64層3D TLC
コントローラー Silicon Motion「SM2258H」
インターフェイス SATA 3.0(6.0Gb/s)
シーケンシャルリード 最大560MB/s
シーケンシャルライト 最大510MB/s
ランダムリード 95,000 IOPS
ランダムライト 90,000 IOPS
TBW 180TB

 

パッケージ

薄型の化粧箱に梱包されています。つくりはしっかりしています。

 

同梱物

箱を開くとまずはマニュアルが出てきます。本体はなぜか裏面が顔を出して主張してきます。

9.5mm変換スペーサーが付属しています。

本体は金属製で冷却効果が期待されます。

ひっくりかえした状態。

 

ベンチマーク

CrystalDiskMark 6.0.2を使用しました。暇だったので全パターンとってみました。ばらつきがありますが、概ねスペック通りの結果となりました。32GBではシーケンシャルライトが落ち込みました。

32GBのテストではCrystalDiskInfo上で温度が36℃から50℃まで上がりました。コストパフォーマンスのよい『MX500』ですが、『860evo』などと比較すると発熱はネックになる印象です。

50MB

100MB

500MB

1GB

2GB

4GB

8GB

16GB

32GB

シーケンシャルライトが474MB/sに落ち込みました。

 

以上、Micron『Crucial MX500』のレビューでした。少しでも参考になれば幸いです。『Crucial MX500』が気になった方は是非お店のウェブサイトでチェックしてみてください。

 

-PC
-, ,

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.