PC

【NZXT管理デバイス】『スマートデバイス』『HUE 2』『HUE +』『Grid +』を徹底比較!!

更新日:

NZXTの管理デバイス『スマートデバイス』『HUE 2』『HUE +』『Grid +』の特徴をまとめて比較したいと思います。

大まかにいえば『HUE 2』『HUE +』はライティング制御、『Grid +』はファン制御、『スマートデバイス』は双方の機能を併せ持ったデバイスです。

 

『HUE 2』と『HUE +』

RGB LEDのライティング管理を行うデバイスです。『HUE +』(第1世代)の後継機種が『HUE 2』(第2世代)になります。

いずれもNZXTのモニタリングソフト『CAM』に対応しています。

 

主な仕様

ミックス接続とは、RGBファンとLEDストリップなどを同一チャネル内に同時接続することです。

HUE 2 HUE +
サイズ(mm) 100×76×15 100×70×23.5
取り付け方法 2.5インチマウント可・マグネット付 2.5インチマウント可
出力チャンネル数 4 2
最大接続数/1チャンネル Aer RGB 2×5/LED×40/HUE 2アクセサリー×6 Aer RGB 2×5/LED×40
出力チャンネル電圧 DC 5V DC 5V
備考 第2世代の機器は1チャンネル内でミックス接続可能 1チャネル内でのミックス接続は不可能

 

対応機器

対応機器は「第1世代」と「第2世代」に分けられます。『HUE +』は第1世代にのみ対応しており、後継の『HUE 2』は第2世代・第1世代ともに対応しています。

第2世代

『HUE 2』は第2世代の機器であれば、1チャネル内でのミックス接続が可能です。

『HUE +』は第2世代の機器に対応していません。

HUE 2 HUE +
ファン(AER RGB 2) ×
ケーブルコーム(AH-2PCC1-01) ×
30cmアンダーグロー(AH-2UGKK-A1) ×
20cmアンダーグロー(AH-2UGKD-B1) ×
LEDストリップ(AH-2SA30-D1) ×

 

こちらの記事で第2世代のライティングデバイスについてまとめています。

no image
【NZXTライティングデバイス】『AER RGB 2』『RGB LED STRIP』他のまとめ

NZXT『HUE 2』に対応した第2世代ライティングデバイスについてまとめます。また、あわせて第1世代デバイスとの比較を ...

 

第1世代

『HUE 2』でも第1世代の機器を使用可能ですが、1チャネル内でのミックス接続はできません。

『HUE +』も1チャネル内でのミックス接続はできません。

HUE 2 HUE +
ファン(AER RGB)
LEDストリップ(AC-HPL03-10)

 

『HUE 2』製品一覧

単体

第2世代LEDストリップ×4が付属します。

(画像クリックでAmazonへ)

 

スターターキット

『HUE 2』と『AER RGB 2』のセットです。ファンの径と数別に3製品がラインナップされています。LEDストリップは付属されません。

スターターキット(『HUE 2』と『AER RGB 2』120mm×2)

(画像クリックでAmazonへ)

 

スターターキット(『HUE 2』と『AER RGB 2』120mm×3)

(画像クリックでAmazonへ)

 

スターターキット(『HUE 2』と『AER RGB 2』140mm×2)

(画像クリックでAmazonへ)

 

『Grid +』

『CAM』と連動することにより、ファンの回転数を制御するデバイスです。

任意の箇所に設置可能な集音装置を備えており、ケース内のノイズを拾って回転数を低減することができます。学習機能を持ち設定の最適化が可能となっています。

3分岐ファンケーブル×2が付属するので、本製品のみで最大10基までのファンを制御可能です。

サイズ 125×78×15mm
取り付け方法 磁石 or 両面テープ
コネクタ数 6(3ピン、PWM対応4ピン)
最大出力/1チャンネル 5W

 

 

『スマートデバイス』

New Hシリーズの『H700i』『H500i』『H400i』『H200i』に標準搭載されているデバイスで、『CAM』と連動してRGB LEDのライティングとファンの回転数を制御するデバイスです。

LED制御コネクタ(4ピン)にはLEDストリップ(第1世代)が装着されています。LEDストリップとAER RGBの同時接続には対応していません。

ファンコネクタ(4ピン)に接続する分岐ケーブルの数は各製品で異なり、例えば『H700i』のファンコネクタ×3には全て3分岐ケーブルが接続済ですので、製品単独で計9基までのファンを接続可能となっています。分岐ケーブルは4ピン×1、3ピン×2に分岐します。3ピンコネクターは回転数信号のピンのみオミットされているので、4ピンPWMファンのPWM制御に対応可能です。分岐後に接続されたファンの回転数はすべて4ピン接続のファンに従った同一制御になります。3ピンあるいは2ピンのDC制御にも対応していますが、同一チャネル内で4ピンPWMファンとの同時使用は不可能です。

LED制御コネクタ数 1(デイジーチェーン使用でHUE+ LEDストリップ×4まで or AER RGB×5まで。両者の同時接続は不可)
ファン制御コネクタ数 3(各10Wまで)

 

比較とまとめ

『HUE 2』と『Grid +』の主な相違点

『HUE 2』はライティング制御、『Grid +』はファン制御を担います。

『スマートデバイス』と『Grid +』の主な相違点

いずれもファン制御を担います。『Grid +』は設置位置が調整でき、集音装置が外付けかつ延長ケーブルが付属しているので、ケース内の設置における自由度が高くなっています。

『スマートデバイス』と『HUE 2』の主な相違点

いずれもライティング制御を担います。『HUE 2』は第2世代のライティングデバイスに対応しており、かつ『スマートデバイス』の4倍のデバイスを制御可能です。

 

HUE 2 Grid + スマートデバイス
LED制御
第1・第2世代に対応
コネクタ×4
×
※第1世代のみ対応。LEDストリップとAER RGBの同時使用は不可
コネクタ×1
ファン制御 ×
コネクタ×6

コネクタ×3

 

-PC
-, ,

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.