PC

【自作PC】1号機の進化まとめ

更新日:

愛用している自作1号機のこれまでの変化をまとめます。

 

ver.1

2018年7月31日に誕生しました。はじめて組んだPCです。

『H500i』と『KRAKEN』に惹かれて、それありきで初自作PCに挑んだのですが、当時在庫がなかった『KRAKEN』は載っていません。

でもIntel純正クーラーもメカメカしくて意外と気に入っています。

最近は空冷CPUクーラーもステキだなぁと思ったりします。

マザボの『Z370 FTW』が期待通りの硬派さで満足しています。

ver.1についてはこちらの記事で紹介しています。

【自作PC】はじめて自作した1号機ロールアウト!

はじめて自作したPCが無事起動しましたので紹介します。 完全に見栄え優先で組みました。趣味全開です。   取り ...

 

購入時のおおよその価格は以下の通りです。

画像クリックでamazon.co.jpまたはamazon.comへ)

  • CPU:Intel Core i5-8400 20,000円

  • マザーボード:EVGA Z370 FTW $98

  • 電源:EVGA Supernova 750 G3 $130

  • HDD:WESTERNDIGITAL WD60EZRZ 13,000円

  • メモリー:Corsair  CMR16GX4M2A2666C16 23,000円

  • ケース:NZXT H500i 15,000円

  • SSD:Crucial  CT500MX500SSD1/JP 13,000円

  • OS:Microsoft Windows 10 Home 17,000円

『H500i』の価格は領収書がなくなってしまったのでうろ覚えです。

マザボと電源は送料等含め日本円で合計34,000円、払い戻しが1,500円ほどあったので支払額は32,500円くらいでした。

購入した2018年夏と2018年末で比べてみると、価格差が目立つのはCPUとSSDです。CPUは10,000円ほど高くなり、SSDは5,000円ほど安くなりました。

ということで1号機ver.1は145,000円でできていることになります。

 

ver.2

念願の『KRAKEN』を組み込んでver.2になりました。

見返してみると白と黒のバランスがいい感じです。

『KRAKEN』はもちろん美しいのですが、改めてCorsairの『VENGENCE RGB』の発色の良さに気づきました。色が明るくてムラが少ないんですよね。あとデザインも抜群だと思います。

ver.2についてはこちらの記事で紹介しています。

【自作PC】1号機がver.2に進化!

はじめて自作した1号機が無事ver.2へと進化いたしました。 当初の構成についてはこちらの記事で紹介しています。 追加で ...

 

購入時のおおよその価格は以下の通りです。

画像クリックでamazon.co.jpへ)

  • CPUクーラー:KRAKEN X62 18,000円

ということで1号機ver.2は163,000円でできていることになります。

 

ver.2.1

超マイナーチェンジですが、背面ファンをカラートリム付きのものに変更しました。

当初は全体のバランスとしてちょっと白が多くなったかなぁという気もしましたが、見慣れてくるとかわいらしくて満足しています。

『AER F』+『AER TRIM』はとにかく良コンビなので、個人的にはイチオシです。ファンだけで扇風機とかにしたいくらい好みです。

ver.2.1についてはこちらの記事で紹介しています。

【自作PC】1号機がver.2.1に進化!

自作1号機をver.2から微アップデートしました。 本当に僅かな変化ですが、背面ファンを『AER F』の120mmに変更 ...

 

購入時のおおよその価格は以下の通りです。

画像クリックでamazon.co.jpへ)

ケースファン:AER F 120 2,000円

ファン交換用トリム:AER TRIM 500円

 

ということで1号機ver.2.1は165,500円でできていることになります。

 

ver.2.2

ver.2.1以上のマイナーチェンジです。

ヘッドホンハンガー、天面インターフェイスカバーが仲間に加わりました。

-PC
-,

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.