自作PC入門

【入門】HDDとは?

更新日:

HDD(Hard Disc Drive)はデータを保存する装置です。

HDDの構造

プラッタ(ディスク)

データを記録する装置です。容量によって搭載されるプラッタの枚数がかわります。プラッタでは表面の凹凸が故障の原因となりうるため、非常に高い精度の平滑性・硬度が求められます。また高速回転に耐える必要もあり、丈夫な素材でつくられています。プラッタ自体は非磁性ですが、表面に磁性体を形成して記録層としています。ディスクは両面とも記録に使用可能ですが、片面のみ使用することもあります。

スピンドルモーター

プラッタを回転させるモーターです。

磁気ヘッド

プラッタ上のデータを読み書きする装置です。プラッタごとに搭載されています。プラッタの両面とも記録用に使用している場合は各面に搭載されます。衝撃などでプラッタとヘッドが直接接触すると故障の原因となります。

HDDの優れている点

・SSDに比べて容量あたりの単価が安く、大容量である

HDDの劣っている点

・SSDに比べて消費電力が高く発熱が多め。また読み書き速度で劣る

・振動や衝撃に弱い。

・動作音がある。

-自作PC入門
-,

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.