家電

【急速充電器】Anker製品を徹底比較!!【卓上タイプ】

更新日:

高い人気を誇るAnkerの急速充電器(卓上タイプ)について比較していきます。

卓上タイプということで持ち運びを想定しないケースが多いかと思います。

 

比較表

主な仕様を表にまとめて比較してみます。

出力ポート数 サイズ(mm) 重量(g) 価格(円)※
PowerPort I PD-1 PD & 4 PowerIQ 5(Power Delivery×1、
PowerIQ×4)
103×78×28 213 3,499
PowerPort+5 USB-C Power Delivery 5(Power Delivery×1、
PowerIQ×4)
103×78×28 213 3,999
PowerPort Speed 5【QC 1ポート】 5(Quick Charge 3.0×1、PowerIQ×4) 83×67×28 193 3,199
PowerPort Speed 5【QC 2ポート】 5(Quick Charge 3.0×2、PowerIQ×3) 102×75×28 205 3,699
Power Port 5 5(PowerIQ×5) 91×58×27 150 2,599
Power Port 6 6(PowerIQ×6) 99×70×26 190 3,299
Power Port 6 Lite 6(PowerIQ×3、USB Type-A×3) 99×70×27 155 2,499
Power Port 10 10(PowerIQ×10) 112×68×27 390 3,799

※2019年2月末時点のamazon.co.jpの価格。カラーバリエーションのうち最安値のもの。

 

出力ポートの規格

比較する上で最も大きなポイントは、出力ポートの規格です。

下4段の製品はベースとなるPowerIQポートを備えています。

上4段の製品は、PowerIQポートに加えて、急速充電規格であるPower DeliveryあるいはQuick Charge 3.0に対応したポートを1つまたは2つ備えています。規格に対応しているケーブルや接続機器であれば、従来製品を遥かに上回る急速充電が可能となります。規格としてはPower Deliveryの方がメジャーとなりそうです。

Power Delivery対応機器を持っている場合

『PowerPort I PD-1 PD & 4 PowerIQ』あるいは『PowerPort+5 USB-C Power Delivery』が適当と思われます。『PowerPort I PD-1 PD & 4 PowerIQ』の方が後継モデルですが、見た目以外に大きな差異はないようです。デザインに不満がなければ、価格面でもアドバンテージのある『PowerPort I PD-1 PD & 4 PowerIQ』がオススメです。

Quick Charge 3.0対応機器を持っている場合

『PowerPort Speed 5【QC 1ポート】』あるいは『PowerPort Speed 5【QC 2ポート】』が適当と思われます。前者はQuick Charge 3.0ポートが1つ、後者は2つあります。Quick Charge 3.0ポートを利用したい機器が複数あれば後者がオススメです。後者はサイズは若干大きく、価格が500円高くなっています。

Power Delivery・Quick Charge対応機器は使わない

『Power Port 5』『Power Port 6』『Power Port 6 Lite』『Power Port 10』が選択肢になります。

使用したいポート数で選べばよいかと思われます。『Power Port 6 Lite』は急速充電できるポートが3口のみですので注意が必要です。

 

製品一覧

Power Deliveryポート搭載モデル

ベースとなるPowerIQポートに加え、急速充電規格であるPower Deliveryに対応したポートを持つモデルです。

Anker『PowerPort I PD-1 PD & 4 PowerIQ』

Power Deliveryポート(USB Type-C)を1口、PowerIQポート(USB Type-A)を4口の計5ポートを備えており、5台同時充電が可能です。

Power Deliveryポートを利用すれば対応機種を最大30W出力可能です。iPhone 8をわずか約30分で50%程度充電できるとのことです。

PowerIQポートは接続機器を自動的に検知して、1ポート最大2.4Aで急速充電が可能です。

『PowerPort+5』の後継機種で機能面の差異はほぼありませんが、表面にマットテクスチャ加工が施され傷や汚れに強くなっており、価格も抑えられています。

サイズ 103×78×28mm
重量 213g
出力ポート数 5
出力 Power Delivery×1:5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A
PowerIQ×4:5V/6A(各最大2.4A)
入力 AC:100~240V/1.7A/50~60Hz
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションが2タイプあります。

ブラック

ホワイト

Anker『PowerPort+5 USB-C USB Power Delivery』

Power Deliveryポート(USB Type-C)を1口、PowerIQポート(USB Type-A)を4口の計5ポートを備えており、5台同時充電が可能です。

Power Deliveryポートを利用すれば対応機種を最大30W出力可能です。iPhone 8をわずか約30分で50%程度充電できるとのことです。

PowerIQポートは接続機器を自動的に検知して、1ポート最大2.4Aで急速充電が可能です。

サイズ 103×78×28mm
重量 213g
ポート数 5
出力 Power Delivery×1:5V/3A、9/3A、15V/2A、20V/1.5A
PowerIQ×4:5V/6A(各最大2.4A)
入力 AC:100~240V/1.7A/50~60Hz
メーカー保証 18ヵ月

カラーはブラックのみです。

ブラック

 

Quick Charge 3.0ポート搭載モデル

ベースとなるPowerIQポートに加え、急速充電規格であるQuick Charge 3.0に対応したポートを持つモデルです。

Anker『PowerPort Speed 5【QC対応 1ポート搭載】』

Quick Charge 3.0ポート(USB Type-A)を1口、PowerIQポート(USB Type-A)を4口の計5ポートを備えており、5台同時充電が可能です。

Quick Charge 3.0ポートを利用すれば対応機種を最大で従来の充電器の約4倍の速度、わずか35分で80%充電できるとのことです。

PowerIQポートは接続機器を自動的に検知して、1ポート最大2.4Aで急速充電が可能です。

サイズ 83×67×28mm
重量 193g
ポート数 5
出力 Quick Charge 3.0×1:3.6-6.5V/3A、6.5-9/2A、9-12V/1.5A
PowerIQ×4:5V/6.4A(各最大2.4A)
入力 AC:100~240V/1.7A/50~60Hz
メーカー保証 18ヵ月

カラーはブラックのみです。

ブラック

 

Anker『PowerPort Speed 5【QC対応 2ポート搭載】』

Quick Charge 3.0ポート(USB Type-A)を2口、PowerIQポート(USB Type-A)を3口の計5ポートを備えており、5台同時充電が可能です。

Quick Charge 3.0ポートを利用すれば対応機種を最大で従来の充電器の約4倍の速度、わずか35分で80%充電できるとのことです。

PowerIQポートは接続機器を自動的に検知して、1ポート最大2.4Aで急速充電が可能です。

サイズ 102×75×28mm
重量 205g
ポート数 5
出力 Quick Charge 3.0×2:3.6-6.5V/3A、6.5-9/2A、9-12V/1.5A
PowerIQ×3:5V/4.8A(各最大2.4A)
入力 AC:100~240V/1.7A/50~60Hz
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションが2タイプあります。

ブラック

ホワイト

 

PowerIQポート搭載モデル

Anker『PowerPort 5』

PowerIQポート(USB Type-A)を5口備えており、5台同時充電が可能です。

接続機器を自動的に検知して、1ポート最大2.4Aの急速充電が可能となっています。

サイズ 91×58×27mm
重量 150g
ポート数 5
出力 PowerIQ×5:5V/8A(各最大2.4A)
入力 AC:100~240V/1.1A/50~60Hz
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションが2タイプあります。

ブラック

ホワイト

 

Anker『PowerPort 6』

PowerIQポート(USB Type-A)を6口備えており、6台同時充電が可能です。

接続機器を自動的に検知して、1ポート最大2.4Aの急速充電が可能となっています。

サイズ 99×70×26mm
重量 190g
ポート数 6
出力 PowerIQ×6:5V/12A(各最大2.4A)
入力 AC:100~240V/1.4A/50~60Hz
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションが2タイプあります。

ブラック

ホワイト

 

Anker『PowerPort 6 Lite』

PowerIQポート(USB Type-A)を3口、USB Type-Aポートを3口の計6ポート備えており、6台同時充電が可能です。

『PowerPort 6』はすべてのポートで急速充電が可能ですが、こちらは6ポートのうち3ポートで1ポート最大2.4Aの急速充電が可能となっています。

サイズ 99×70×27mm
重量 155g
ポート数 6
出力 PowerIQ×3:5V/6A(各最大2.4A)
入力 AC:100~240V/0.8A/50~60Hz
メーカー保証 18ヵ月

カラーはホワイトのみです。

ホワイト

 

Anker『PowerPort 10』

PowerIQポート(USB Type-A)を10口備えており、10台同時充電が可能です。

接続機器を自動的に検知して、1ポート最大2.4Aの急速充電が可能となっています。

サイズ 112×68×27mm
重量 390g
ポート数 10
出力 PowerIQ×10:5V/12A(各最大2.4A)
入力 AC:100~240V
メーカー保証 18ヵ月

カラーバリエーションが2タイプあります。

ブラック

ホワイト

 

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • 卓上タイプの急速充電器がほしい
  • Power Delivery対応機器があれば『PowerPort I PD-1 PD & 4 PowerIQ』か『PowerPort+5 USB-C Power Delivery』
  • Quick Charge 3.0対応機器があれば『PowerPort Speed 5【QC 1ポート】』か『PowerPort Speed 5【QC 2ポート】』
  • Power Delivery・Quick Charge 3.0対応機器がなければ必要なポート数に応じて『Power Port 5』『Power Port 6』『Power Port 6 Lite』『Power Port 10』から選ぶ
以上、Ankerの急速充電器(卓上タイプ)のまとめでした。少しでも参考になれば幸いです。

-家電

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.