PC

【ケースファン】NZXT『AER F』と『AER F(ケース搭載モデル)』を徹底比較!!

更新日:

NZXTのケースファン『AER F』には、単体で販売されているモデル(正式版とします)と、『H700i』や『H500i』などのNEW Hシリーズに付属するケース搭載モデルが存在します。

今回はその相違点についてまとめます。

 

『AER F』スペックの比較

いずれも4ピンPWMです。LEDは搭載していません。

120mmモデル

正式版 ケース搭載モデル
回転速度(RPM) 500~1,500±200 1200+200
エアフロー(CFM) 21.01~63.02 50.42
ノイズ(dBA) 22~31 28

140mmモデル

正式版 ケース搭載モデル
回転速度(RPM) 500~1,500±200 1000+200
エアフロー(CFM) 31.48~103.43 68.95
ノイズ(dBA) 21~35 29

 

『AER F 120』の比較

『AER F』の120mmモデルを実物同士で比較してみます。

ケーブル

正式版はスリーブケーブルとなっており、ケーブルが保護されています。その分ケーブルが太いです。

(上)ケース搭載バージョン、(下)正式版

 

吸気面

吸気側です。正式版はトリムが取り外し可能(別売りカラートリムに換装可能)となっており、色もグレーとファン本体とは異なる配色となっています。

(左)ケース搭載バージョン、(右)正式版

四隅のネジ穴周囲がケース搭載バージョンは肉抜きのような凹みがある一方、正式版には凹みがありません。

(左)ケース搭載バージョン、(右)正式版

平面に置くときに、ケース搭載バージョンはカツッというプラスチック然とした感触、一方で正式版はヒタッというラバー然とした感触で高級感があります。

(左)ケース搭載バージョン、(右)正式版

 

 

排気面

排気側です。

(左)ケース搭載バージョン、(右)正式版

 

側面

ケース搭載バージョンは空洞になっている部分が正式版ではカバーリングされています。厚みはほぼ同じです。スペック上でも両者26mmとなっています。

(左)ケース搭載バージョン、(右)正式版

 

 

 

ネジ

正式版のネジはケース搭載バージョン付属のものより長くなっています。

(左)ケース搭載バージョン、(右)正式版

ネジの頭はケース搭載バージョンの方が大きくなっています。

(左)ケース搭載バージョン、(右)正式版

 

 

 

 

 

 

-PC
-, , ,

Copyright© MONOCAPSULE , 2020 All Rights Reserved.